超・育成型新人賞 Kiss WAVE 第14回結果発表!!!!
............................................................................................................................................................................

今回は3作品が見事入賞! 中でも丁寧で静かな描写が魅力的で、
編集部員の心をグッとつかんだ作品がTOP賞受賞です。
期待賞の2作品も担当と一緒に自分だけの武器を磨き、
デビュー目指して頑張りましょう!


TOP賞

『リラの花束』
増岡

27歳(京都府・42P)

◆あらすじ
秋田は、月に1~2回雑誌に短編が掲載されるかどうかという駆け出し小説家である。目下の目標は単行本出版だ。ただ、1ヵ月前に彼女に振られ、現在はなにも手につかない。それまで振られた経験がなかった彼は、何を見ても彼女を思い出してしまう。そんな彼に友人は合コンをセッティングするのだが…。
◆講評
話全体にドラマティックなストーリー展開はなく、特に何も起こらない作品ですが、主人公が振られたばかりの彼女との恋愛を振り返りながら、失恋にいたってからの失意の日々や心のひだをとても丁寧に描いていて、その静かな描写に惹きつけられました。また、淡々とした毎日を描きつつ、きちんと主人公が再生していく姿もみせていく構成は、増岡さん独自の手法が生かされており、個性が光る作品になっていました。絵に関してはやや地味な印象もありますが、それを個性や味に感じさせるくらいに描き慣れていってほしいと思います。
イラスト

無料で作品を読む!!
作品のご感想をお聞かせください!!

期待賞

『in the rain』
ISAKA

39歳(岐阜県・49P)

◆あらすじ
一哉と紗雪は高校生だった5年前に同級生として出会った。そしてその時、亡くなった姉の恋人だった高校教師と複雑な関係だった紗雪に対し、一哉はそんな関係は清算すべきだと問い詰めた。そしてあの事件が起きてしまった。紗雪が教師に刺され、教師は自殺してしまったのだ…。
◆講評
以前の作品に比べて、作品全体を通じて丁寧に作画し、細かい心情を追っていこうという姿勢は良かったです。ただ、心情を追うあまり、ストーリー全体の流れが分かりにくくなってしまったのは残念でした。もともと作品の熱量には定評のあったISAKAさんですが、今回はその部分も少なめに感じました。持ち味のダイナミックさを失わず、熱量高めの作品を期待しています。
イラスト


『珈琲エチュード』
斎藤吉陽

30歳(岡山県・31P)

◆あらすじ
バリスタ見習いの西山このはは、ちょっと自分に自信が持てない。そんなこのはが働く珈琲店に、ひょんなことからやってきた天才ピアニストの安東。彼は店のピアノを気に入り、ちょくちょく弾きにきてくれるようになる。ある日、体調が悪い店長に代わって、このはが珈琲を淹れることになり…。
◆講評
珈琲とピアノ、そして恋というモチーフは斉藤さんのかわいい絵柄とも世界観が合っていて、とても素敵です。しかし、素直で優しい世界を描くことに成功した反面、珈琲の香りやピアノの旋律が感じられるような作品にはあと少し足りないものがあると感じました。かわいいだけではない表現力を身につけられるかがこれからの鍵になるかと思います。
イラスト




Kiss WAVEでデビューを目指そう!

POINT 1

あなたの漫画をWEBで発表!!
毎月TOP賞の作品は、Kissのホームページ上にて公開します。
写植の入った自分の製版原稿が見られると同時に、感想フォームを設置するので、
担当編集者と読者からの感想を受け取れます。
WEBにアップされ、多くの人に自分の原稿が読まれるチャンス!
また、ホームページ上での評判がいいと、本格デビューに近づきます!!
(審査の結果によっては、TOP賞が出ない月もあります。)


POINT 2

Kiss・ハツキスという姉妹誌の新人賞を統合!!
王道系女性漫画雑誌「Kiss」と、【初】をコンセプトにした刺激的マンガ雑誌「ハツキス」。
系統の違う2つの漫画雑誌にまたがる賞なので、チャンスも2倍!


POINT 3

入賞したら必ず担当編集が付きます!!
早い段階から担当編集がついて漫画作りをサポートすることで、デビューしてからも
活躍できる底力が身に付きます。選外でも、編集者の目にとまれば担当がつくことも。


POINT 4

選外の作品にも必ず、講評シートで丁寧にアドバイス!!
選外でも、編集者直筆の講評シートがついて原稿が返送されるので、
次の作品作りの指針が見えやすい!


POINT 5

Kissの連載作家が毎月審査!
デビューが決まると、月間審査員の先生からコメントがもらえちゃう!

瀧波ユカリさん
第16回(12月15日消印有効)
審査員:瀧波ユカリさん