『東京アリス』完結&新連載『月と指先の間』スタート記念
稚野鳥子ロングインタビュー
Kiss LIVE!

「ハツキス」にて連載中、9月7日に第1巻が発売になったばかりの、
ウラモトユウコさん最新作『ハナヨメ未満』。
この物語は、都会で働くOLのアコが、婚約者・靖(やすし)の故郷である瀬戸内海の
「塩島(しおじま)」にひとりでやってくるところから始まります。
美しい自然がいっぱいの塩島で、“アコ引き止め作戦”をたくらむ義母たちや
島のアイドル・米(よね)ちゃん、人懐っこい島の人たちとふれあう中で、
次第に島の魅力に目覚めていくアコ。はたして幸せな結婚ができるのか?
その顛末までを描くハートフルコメディです。

物語の舞台となる「塩島」は、瀬戸内海にある実際の島々を参考にしながらつくった、
架空の島です。
連載を始める前に、まずは実際に島に行って、島の風景を見たり、島で暮らす方々と
お話したり、うどんを食べたり、現地の空気を味わってこよう! ということで、
2014年初夏、ウラモトさんと編集U村は、「塩島」のモデルとなった島のひとつ、
香川県・本島(ほんじま)まで、取材旅に行ってきました。
ウラモトさんが撮った写真と、ウラモトさんのコメントで、取材旅の様子をご紹介します!

【取材1日め】
お天気は快晴。取材日和です。
ウラモトさんと編集U村は、東京から新幹線で岡山へ、そして香川県の高松へ。
期待に胸をふくらませながら、四国上陸。そこには、のんびりした、あたたかな空気が満ちていました。
日が沈むまでに、たくさん写真を撮らなくては! 張り切って本島へ出発です。


photo01
「瀬戸大橋を通って岡山から高松へ。これから向かう本島は結構近くに見えます」
(ウラモト/以下同)

photo02
「高松に落ち着いてまず商店街でうどん! 近所の人がうどん玉を買いに来て、
裸の麺を直接レジ袋でもって帰ってるのが衝撃でした」

photo03
「本島へ向かうフェリーは大小2種類あって、これは車も乗れる大きいほう」

photo04
「本島到着! どきどき。緑の屋根がフェリーの
待合所です。マンガではよねちゃんが
時々バイトしてるとこです」
働き者の米ちゃんは、フェリー乗り場の待合所兼
観光案内所、農業、スナックの経営、校務員、
そして島でただひとりの看護師さん、と島のあちこちで
縦横無尽の活躍ぶりなのです。

photo05
「フェリーの待合所ではレンタサイクルやってます。観光には必須!
島の周囲は意外と高低差あるので電動(自転車)がおすすめです。」

photo06
「自転車でひとまず学校のあるほうへ走りだすとこれは…運動会の準備!
明日も来てみようと思います」

photo07
「島の東側、海水浴も出来るみたいですがこのときは5月だったので人影はなし」

photo08
「ドラマチックなカーブ!」

photo09

「島にいくつかある民宿のひとつ、塩飽家。
笠井家の外観の参考にしてます。
外から見ただけだったので今度行くときは
泊まってみたいです。
1日目の取材を終了していったん高松へ引き上げます。
また明日~」
  素敵な和風家屋の笠井家。

photo10
「帰りのフェリーからも瀬戸大橋ばっちり。
取材には讃岐弁を監修してくれた友人の
ぶんちゃんも同行してくれました」
「バーバーかさい」の窓から見える瀬戸内海は、
絶景です。アコちゃんもすっかりこの景色に
魅了されてしまいました!


【取材2日め】
本日も快晴。今日は早起きして、朝から本島へ!!
フェリーの乗り方は、ばっちり前日にマスターしました(フェリーの本数が少ないので、
行きと帰りの時間をしっかりチェック)。
1日中、自転車に乗って島をめぐる予定です。


photo11
「2日目。朝から島の西側を探検してたら
運動会のおしらせ発見。玉入れもやるのかな」

photo12
「気持ちよさそう…
(このとき島を半周してばてばてでした)」

photo13
「なにこの映画のセットみたいな学校!
(ほんとに映画『機関車先生』で使われたセットが保存されてる学校でした)」

photo14
「学校といえば運動会みにいかなくちゃ!
映画のセットがある島の北側から半周引き返して中学校へ」

photo15
「入場門カラフル!
(観光客の私達も父兄席に案内してくれる懐の広さよ…)」

photo16
「運動会でお昼に食べたうどん。美味しかった~。
たまたま出くわしたこのイベントのおかげで
第4話に運動会ネタを入れることにしたのでした」
取材旅に行ったちょうどその日に、島民総出の大運動会
(幼稚園、小学校、中学校の合同運動会に、島民の大人たちも参加します)
があるなんて、これは先行きがいいぞ! と盛り上がる私たち。

photo17
「運動会をあとにして島の残りの半周も見に行くことに。
こんな素敵な地区も。マンガに出せるかなあ」

photo18
「おつかれさまでした! フェリーの時間までに観光案内所でひとやすみ。
取材に行ったおかげでアコちゃんならここでこうするとか、
よねちゃんの1日って…とかイメージがふくらみました。
これからのお話に向けてまた近々行かなくちゃと思っています」


【番外編】
そして、取材旅とは別に、思いがけず本作の取材になってしまった、
ウラモトさんご自身の結婚準備の様子もちょっぴりお届けします♥
(アコより一足先にハナヨメになったウラモトさん、ご結婚おめでとうございます!)


photo19
「1話のブライダルフェアの会場も取材…ではなく
これはほんとに自分の結婚式の準備。
(結局資料用に写真を撮りまくりましたが)」

photo20
「色打掛け綺麗! 値札はレンタルのお代ですね。
アコちゃんが着る日は来るんでしょうか」

ハナヨメ未満』のヒロイン・アコは、無事結婚できるのでしょうか?
ひょんな意地から始まった“島おこし大作戦”は成功するのでしょうか?
これからの『ハナヨメ未満』をぜひお楽しみください!

『ハナヨメ未満』作品紹介ページ 無料お試し読みもあります☆

『ハナヨメ未満』既刊一覧

『ハナヨメ未満』購入する