『新装版 ひまわりっ ~健一レジェンド~』発売記念!
『ひまわりっ』の魅力を語ろう!
by東村アキコ×モーニング担当編集・高橋×Kiss担当編集・助宗
Kiss LIVE!

これが東村アキコの伝説的作品 『ひまわりっ』の全貌だ!

「東村アキコ解体新書」(講談社刊)
「東村アキコ解体新書」(講談社刊)
「東村アキコ解体新書」(講談社刊)より
(画像をクリックすると拡大画像が見られます。)


東村ワールドの原型
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

東村アキコ
『ひまわりっ』は、私が今まで色んな連載をたくさんやってきたなかで、サイン会とか、私のコアなファンの方が集まるイベントだと、未だに、「これが一番好きなんです!」と言ってくださる方が圧倒的に多い作品なんです。それは私自身、すごくびっくりしていますね。新装版で出すことでまた新しいファンの方が手に取ってくれると嬉しいです。

助宗
当時、この作品は、お父さんのキャラクターや、宮崎の魅力みたいなところが注目されがちだったと思うんですけど、今読むと、『ひまわりっ』に登場するキャラクターと、『かくかくしかじか』で漫画家を目指すアキコの姿はもちろん、『海月姫』の個性強めな尼~ずだったり、『東京タラレバ娘』で痛いところをバシバシ突いてくるタラちゃん、レバちゃんだったりが、通じるところあるなって思います。

高橋
東村さんの漫画に登場するキャラクターの原型がこの作品には詰まっている気がします。

東村アキコ
『ひまわりっ』はどちらかといえば会社の方にスポットを当てていて、絵画教室の方はあまり描いてないんだけど、『かくかくしかじか』の原型そのままといっていいくらいなところある。たとえば、『ひまわりっ』に出てくる歯ブラシをいつもくわえてる変な女の子。あの子は東京に上京してきて、私のアシスタントをやることになるんだけど、モデルは『ZUCCA×ZUCA』を描いているはるな檸檬ちゃんなんですよ。『かくかくしかじか』で、私の後に絵画教室で教えてて、それで東京までアシスタントに出てきて、そのまま漫画家になっちゃった子がいるじゃない? あの子と一緒。それに『ひまわりっ』には、イケメンだけど天然な植木屋さんという設定で「健一2号」っていうのが登場するんだけど、この人も『かくかくしかじか』に出てくる西村君をモデルにして描いたんだな、っていうのもわかる。

健一2号
ド天然のイケメン植木屋・健一2号。けっこうモテモテ。


助宗
ウィング関先生も『海月姫』の尼~ずのまややのいとこっていう設定で最近登場してきてますよね。

東村アキコ
私の漫画って、ひとつのワールドみたいなので繋がっていて、その中でキャラクターがアメーバピグみたいにうろうろしてるっていうイメージなんですよ。そういう漫画家さんの方って他にもいらっしゃると思うんですけど、私の場合は自伝とフィクションを織り交ぜつつひとつのワールドを築くというか…。だから、その世界に一度ハマるとずっと楽しんでいただける読者の方が多いんだと思います。

高橋
ここに入っていければ楽しそうっていうユートピア感がありますよね。キャラクターがほとんど変人ばっかりで、ともすれば社会からハミ出しちゃいそうなくらいなんだけど、そういう人たちに対する愛みたいなのが、すごいあるなあっ、て。自分が肯定されたような気になるんです。

助宗
そのハミ出した人たちが言うことが真実を突いてくるんですよね。たとえば、お父さんが漫画家としてまだ駆け出しのアキコに「こんなぬるい漫画、誰も読まないよ」とか「タイトルが大切だ」って言うじゃないですか。あれって本当に漫画界の真実ですよね。

漫研の副部長
常に歯ブラシを咥えた漫研の副部長。
ちゃっかりアキコにくっついて上京。


健一レジェンド更新中!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

助宗
ちなみに『ひまわりっ』のタイトルって本当に13巻のおまけ漫画に書いてあるように決まったんですか?

東村アキコ
モーニングで8週間載ることが決まったときにタイトルで悩んだんだけど、ちょうどその頃ブログとかが流行り始めてたのよ。それでお父さんのことをブログに描くという意味を込めて「父ログ」みたいなタイトルにしようかなって思ってた。ただ、一応お父さんにも聞いてみたら、即答で「“ひまわりっ”、はどうや!」って。“全然関係ないじゃん!”って思ったけど、当時の担当さんに言ったら、「最高っすね」って返事がきて決まっちゃったんだよね(笑)。

助宗
お父さんはどういう内容か聞いた上で言ったんですよね?

東村アキコ
うん。でもホント何で『ひまわりっ』なんだろう…。
しかも本人は覚えてないのよ。「そんなこと俺は言っとらん」って(笑)。


高橋
お父さんはやっぱりメチャクチャですね…。

東村アキコ
この漫画を描いてもう10年経つんだけど、お父さんは最近も、東京にしょっちゅう遊びにきてて、未だに健一レジェンドは更新されてるんだよね。もう日々色んなことが起きてる!

助宗
(笑)。最近、何か面白いエピソードはありましたか?

東村アキコ
あるある! お父さんって東京に遊びに来たら、いつも画材を買いにおつかいに行ってくれるのよ。だからアシスタントのねぎっこが、お父さんに「すみません、お父さん、買ってきてほしいものがあるんです」って言ったら、いきなり飛び出して行っちゃって。まだ買ってきて欲しいものを何も言ってないのに、だよ? それで行方不明になって夜10時まで帰ってこなかった。パチンコに行っちゃってたのよ!

高橋
すげえ!

助宗
お父さん、作中でもよく「海物語」を打ってますもんね(笑)。やっぱり『ひまわりっ』のお父さんエピソードは実話が多いんですか?

東村アキコ
お父さんのエピソードはほぼ全て実話だと言ってもいいと思う。

高橋
実話じゃないとあそこまでは…。

東村アキコ
そう、思いつかないからね。私の中では、漫画にも出てくるけれど、お父さんの2大エピソードがあって、まず1つは、弟が1ヵ月もかけて作ったトンファーを庭で燃やしたっていう事件ね(6巻収録)。それと弟に懐中時計を上げるって言ったのに15分後にやっぱり返してって言ってきた事件(1巻収録)。形見ほどじゃないけど、父から息子に懐中時計を受け継がせるみたいな感じを出してたのに…。やっぱり、この2つがすごい衝撃だったかな。オススメ2大事件です。

弟・タクマにとってもこの一件はトラウマとなっている…。
弟・タクマにとってもこの一件はトラウマとなっている…。


助宗
弟さんのトンファーを燃やしたのは、“方向性が見えなかったからだ”と作中でお父さんは言ってますよね。

東村アキコ
大人になってから初めて理由を知ったんだよね。以前、漫画家の石田拓実とお父さんと3人でご飯食べてたときに、石田さんが「お父さん、あれ何で燃やしはったんですか?」って聞いたら、「方向性が見えなかったんですよ!」って…。それで慌てて漫画に描いた(笑)。

助宗
お父さんって本能的にものすごく嗅ぎつけるタイプですよね。作中でも「アキコが描いてた漫画雑誌のトップの作品見てみい。これは女の子たちの憧れを描いてるんだ! …読んでないけど」っていうシーンがあって、ホントにぐっときた。

東村アキコ
本当に言ってたんだよね、あれ。お父さんって最近も、「島耕作」がなぜ売れるのかをすごい解説してくるんだけど、最後に「ま、読んでませんけど」って言うのよ。真顔でよ、真顔で(笑)。

助宗
勘がものすごく強い(笑)。

東村アキコ
まだ健一レジェンドはあって…。以前、私の税理士さんが還暦を迎えたんですよ。色々な漫画家さんを担当していらっしゃる税理士さんだから、みんなで還暦祝いをしたんですね。それで色紙をあげようって話になって、お父さんもなぜか色紙を描いてて(笑)。みなさんは、「これからも私たちをよろしくお願いします!」とか「先生、体に気をつけてご無理なさらないでください」みたいなメッセージを先生の似顔絵と一緒に描いてたんですよ。ただ、その中に「フルーツ大好き!! 『ひまわりっ』の健一です。メリット、チャンスが好きな言葉かな。」ってお父さんが書いてあるのを見つけて。しかも、還暦祝いのことを何も書いてないのよ。もう震撼ですよ!!(笑)

助宗
自分のことしか書いてない(笑)。

東村アキコ
“おめでとうございます”とかもないんだよ。

高橋
『ひまわりっ』にそのエピソードがあったら最高に面白いですね(笑)。


連載当時を振り返って
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

助宗
『ひまわりっ』を連載されていたときって人生のド修羅場だったそうですね…。

東村アキコ
あ~地獄だった…。私、子どもを産んだばっかりで子供の夜泣きで寝れなくて、しかも初めての週刊連載でページ数も結構長かった。育児って年齢を重ねるごとに大変になっていくじゃない。本当にしんどかった。

助宗
0歳のころは確かに寝れないですけど、それほど赤ちゃんは動かないですからね。1、2歳になると少し夜は寝てくれるけれど、起きている時間はとにかく動き回ってもう大変ですよね。

東村アキコ
もう辛すぎて、正直、連載をやめたかった(笑)。だからもう「打ち切りになってもいい!」って、しっちゃかめっちゃか描いたんですよ。

高橋
(笑)。ウィング関先生が出てくるとアンケートの順位が上がったっておまけ漫画に描いてありますよね。

ウィング関先生
三国志同人誌界隈のカリスマ。暴走すると誰にも御しきれない。


助宗
まず、節子が出てきてひと跳ねして、ウィング関先生が出てもうひと跳ね、古川うなぎコンビが出てきてものすごく跳ねた。ある意味、東村さんの予想に反してますよね。

東村アキコ
そう! めちゃくちゃに描いてた東京編でまさかのもっと人気が出るっていう。「やめらんねーじゃんかよ!」って。毎日体力的にマジしんどかった~…。

助宗
8週だって言われてたのに(笑)。

東村アキコ
お父さんの面白エピソードをいくつか描いて、でも毎日楽しくやってます~、みたいな感じで終わるつもりだった。

助宗
じゃあ漫画家論みたいなところに転換していったのは、元々予定してたよりも延びたからってことなんですね。

東村アキコ
あとは、はるな檸檬ちゃん(=副部長)が東京に出てきてアシスタントをしてくれたのも大きいと思う。

助宗
はるな檸檬さんが東村さんのところに来たことによって、現実と漫画がリンクして加速していく感じですよね。「あんなことあったね」ってしゃべりながら描いてる感じっていうか…。

東村アキコ
そうそう!


「豊国印刷の小池」とは…?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

高橋
おまけ漫画に出てくる小池さんも『ひまわりっ』の魅力の一つですよね。

助宗
たしかに途中から東村ファンになると、小池っておまけ漫画によく出てくるけどいったい誰なんだって思いますよね。

東村アキコ
それだ! 小池さんは『ひまわりっ』を読まないとわからないから、小池さんを知りたい人は『ひまわりっ』を読むしかない。

高橋
小池のすべてがここにある(笑)。

東村アキコ
小池さんって本編でいきなり字だけで出したんだよね。「締め切り守らないと、豊国印刷の小池さんに怒られるぞ」ってふざけてさ。そしたら、その週のアンケートで「誰だかわからないけど、豊国印刷の小池さんで爆笑しました」っていう感想がいっぱい来て(笑)。あとは、当時モーニングの人が実際に、「スケジュール、ギリギリだけど、小池さんに言えば何としてもらえるかも」とか「小池さんが今、原稿、待ってるから」ってよく言ってるのを耳にしていたから、それもおまけ漫画に出そうって思った理由かもしれない。

小池さん
東村作品に幾度となく登場する小池さん。最初の頃はかなりギラついてます。


東村アキコにとっての「ひまわりっ」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

助宗
東村さんが描いていて好きだったキャラクターをお伺いしたいです。

東村アキコ
私は副主任ですね。一番自己投影して描いてたかな。東村ワールドの中で一番のボスは永遠に副主任だと思う。副主任を知らずして東村漫画を読んだとは言えない、と思えるぐらいこの東村ワールドの王様なんです。だから、ぜひ読んでほしいですね。

助宗
『きせかえユカちゃん』でも寸劇はありましたけど、ここまで本格的かつ、ぶっとんだ寸劇をするのも副主任が始まりですしね(笑)。

東村アキコ
副主任とエビちゃんがやる大御所作家の寸劇のくだりが、史上最強に好きなんですよ。エビちゃんがハンサムな担当で、副主任が少女漫画家で、っていう設定の寸劇なんだけど…。

高橋
エビちゃん演じる男側が、担当でもあり、旦那さんでもあるっていう寸劇ですよね。

東村アキコ
そうそう。この寸劇はぜひ読んでもらいたいですね。自信を持って面白いと断言できる!

副主任とエビちゃん
副主任とエビちゃんの寸劇は(著者でさえも止められない!?)暴走機関車!


助宗
最後になりますが…東村さんの漫画家人生において、ズバリ『ひまわりっ』とはどういう存在ですか?

東村アキコ
え~、集大成です(笑)。早めにきた集大成。

二人
早い!(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

伝説の破天荒ギャグ漫画『ひまわりっ ~健一レジェンド~』が新装版で登場!
全13巻、毎月2冊刊行予定!



『新装版 ひまわりっ ~健一レジェンド~』作品紹介ページ 無料お試し読みもあります☆

『新装版 ひまわりっ ~健一レジェンド~』既刊一覧

『新装版 ひまわりっ ~健一レジェンド~』購入する