「ホタルノヒカリSP」 完結記念!!
緊急「ジャニオタトーク」 第4弾!!
芸能レポーター 駒井千佳子×ひうらさとる
Kiss LIVE!

アイドルオタクの読者から圧倒的な支持を得て完結した『ホタルノヒカリSP』
ひうらさとるさんと同じ、KAT-TUNの亀梨さんのファンである駒井千佳子さんから、
芸能レポーターならではのお話をうかがいました!

Profile
駒井千佳子(こまい ちかこ)

芸能レポーター。山梨県生まれ、フェリス女学院短期大学家政学科卒業。卒業後、アパレル企業のOLを経て、テレビ朝日甲府支局で記者兼リポーターに。その後、TBS『スーパーワイド』のリポーターとして、ワイドショーに出演するようになる。
駒井千佳子(こまい ちかこ)

ホタルノヒカリSP

『ホタルノヒカリSP』5巻より

――お二人の出会いを教えてください。

ひうらさとる
井出卓也くんていう共通のオタ友達がいて。
カラオケでDVD鑑賞会で初めてお会いしました。


駒井千佳子
誰ひとり歌わないやつです(笑)。

ひうらさとる
集まった人たちは、DVD鑑賞会で叫ぶところとか萌えポイントが一緒で。
たぶん、テンションが同じなんですよね。ディスり加減と愛情加減とのバランスが(笑)。


駒井千佳子
よく「同担お断り」※みたいなのあったりしますけど、私は同担と話すの、
すごく好きなんですよ。亀梨くんの舞台の千秋楽なんかは、東京も大阪も
「昔から亀梨くんが好き」っていう人ばかりなので、みんな顔見知りなんですね。
行ったら「あー!久しぶり!」って言って。みんな同じような背格好で…。
一緒にいった人が「どこの女子大の同窓会?」って言ってました(笑)。


同担…応援しているアイドルが同じ人のこと。

仕事モード、オタモード

ひうらさとる
好きなアイドルとお仕事で関わるとき、モードが変わるんですか?

駒井千佳子
変えます。ちょっと漏れちゃったりしますけど…。
ちょっとSモード入れるというか。「キャー!」は絶対ない。


ひうらさとる
そうですよね。そこがすごいなと思って。

駒井千佳子
コンサートの取材の時は、ちょっと漏れがちなんですよ。

ひうらさとる
漏れがち(笑)。

――切り替えのスイッチはあるんですか?
「今日は仕事の取材で呼ばれている日だぞ!」っていう。


駒井千佳子
現場に行けば普通に。本人目の前にしても全然平気。

ひうらさとる
質問が的を射ているんですよ! テレビって、映像になるとカットされたりして、
内容が縮められるけど、「駒井さんの声しか聞こえない!」とよく思う(笑)。
ツボをついているから。彼らが輝くような質問をしているんですよ。


駒井千佳子
ちゃんと相手の返しを考えて聞かなくちゃいけないっていう難しさはあります。
自分が聞きたいことだけを聞くのはダメだから。


ひうらさとる
でもそれは、彼らのキャラクターがわかっているからこそ、ですよね?

駒井千佳子
そう。知っていることも知らないふりして聞いたり。
彼らの言葉でしゃべってもらわなきゃいけない。

「そうですね」っていう言葉は、絶対に言わせてはいけないから。
あと、ジャニーズの取材の時は、ファンを意識しますね。ファンの皆さんが
知りたいことを聞かないとっていうのがあるし。彼女たちの興味が何か知るために、
自分も知っていなくちゃダメなの。だから、普段からいろいろなグループに
アンテナは張り巡らすようにしていますよ。ファンのTwitter見たり、彼らのニュースは
把握するようにしています。取材では全部のグループのコンサートに行きますよ。
この子たちの一番いいところはどこだろうって考えながら取材してる。


ひうらさとる
駒井さんはすごく的確ですよね。

駒井千佳子
ほんと? そういってもらえるとすごく嬉しいです。

ひうらさとる
KAT-TUNだけじゃなくて、どのグループに対してもそうだと思います。
コンサートがすごくよくても、行っていない人にはなかなか伝わらないものですが、
そこをぴしっと伝えてくださるんですよね。

しかし、オタクと現場を行き来しているのがすごいなと思って。
黄泉の世界と、リアルワールドみたいな感じじゃないですか(笑)。


駒井千佳子
オタ活はまたちょっと別なんだよね。だから、全部自分でチケットを買うんです。

ひうらさとる
すばらしい。

駒井千佳子
そうじゃないと楽しめないんです。もしかしたら、そこがスイッチなのかもしれない。
お金を出して見にいくっていうのと、仕事はやっぱり別。仕事の時は、メモらなきゃ
いけないし、浸っちゃいけない。のめり込まずに俯瞰で見なきゃいけないから。
バルコニー席で…ず~っとメモメモメモ。だけど、自分で買ったチケットは、
自分の好きなところだけ見られる。
うちわも持っていきますよ!

オタク心、覚醒

ひうらさとる
ちょっと話が戻るんですけど、駒井さんがオタクになったきっかけって?

駒井千佳子
かれこれ22年前ですね。当時は正直ジャニーズに興味がなくて。
女性アイドルの方が好きだったかな。聖子ちゃんとか明菜ちゃんとか。


ひうらさとる
世代ですもんねー。

駒井千佳子
それで、22年前、まだデビュー前のKinKi Kidsの密着取材に行ってくれって言われて。
彼らの大阪城ホールのコンサートを当時は裏側まで取材させてもらったんですよ。
裏側まで取材させてもらって…2人が一緒に出てたドラマで「若葉のころ」っていう
ドラマ知ってます?


ひうらさとる
あー! 知ってます。

駒井千佳子
「若葉のころ」っていうドラマとコンサートと、ずっとその密着を何日か
やっていたんです。初めてジャニーズのコンサートを見て、
こんなに楽しい世界があるのかと…覚醒しちゃったんですね。
KinKiの二人が可愛くて可愛くて。まず、KinKiから入ったんです。

だからKinKi Kidsのスペルにはうるさいんですよ!

――今、メモはカタカナで書いてます(汗)!

駒井千佳子
私のMacは全部一発変換になってますよ(笑)。全グループ単語登録しています。
難しい呼び名の子は、登録しておかないと出てこないから。


ひうらさとる
顕嵐(あらん)とかね。

駒井千佳子
そうそうそう。

――それからKinKiの応援はどのくらいされていたんですか?

駒井千佳子
コンサートも行きましたし、はじめて入ったファンクラブもKinKiです。
デビュー会見も取材しているんですよ。20年前の5月29日。豊川稲荷での会見を
取材しているので、長いですね。光一さんの舞台「SHOCK」※も最初から取材してます。
「SHOCK」が始まって翌年から、バックにまだ結成して半年くらいの
KAT-TUNが付いて。その時に初めてKAT-TUNの子たちに会って…

「やっべー」ってなったの。

SHOCK…KinKi Kidsの堂本光一さんが座長・主演・演出・脚本を務めるミュージカル作品シリーズ。

ひうらさとる
(笑)。やっぱり全然違ったんですか?

駒井千佳子
それまでのジャニーズの子たちとはまったく違う。稽古場での囲み取材だったので、
ほぼ私服だったんです。ジャラッジャラした格好で出てきて(笑)。チェーンをつけて、
腰パンだし。あ、カッコいいなってなりました。あの衝撃すごかったです。
それがKAT-TUNとの出会いです。


ひうらさとる
KAT-TUNは、それまでジャニーズを毛嫌いしていた人がハマるグループだなって。
今までのアイドルのキラキラしたイメージと、一線を画していたというか。


――長年ジュニアの子たちを見ていて、売れるのはどんな子だと思いますか?

駒井千佳子
一概には言えないかもしれないけど、そういう子は精神的に成長するのが
早いなって思います。ライバルだらけの中で、どう生き残っていくかって
いうことを常に考えている感じがする。


ひうらさとる
そういうのを考えると、ジャニーさんグループを組むの上手くないですか?

駒井千佳子
上手いですね。切磋琢磨させるシンメとかね。

オタ活時間、どう作る!?

ホタルノヒカリSP

『ホタルノヒカリSP』1巻より

駒井千佳子
先生、お忙しいのにオタ活する時間よくありますね。

ひうらさとる
「ここはコンサートに絶対行く!!」って予定をブロックすると何とかなるんだなって(笑)。

駒井千佳子
それまでに仕事はなんとか済ませますしね。

ひうらさとる
そうそう。だから、いろんなオタの人もそうなんだろうなって思って。
夕方からコンサートがあるから、それまでに仕事頑張るとか。
そういうのがオタの子はいいなと思って。


駒井千佳子
時間の使い方が上手いんですよね。
先生は他のグループのコンサートも行ってるんですか?


ひうらさとる
セクゾとかWEST、あとジュニアも。NEWSも行きましたよ。NEWSはもともと友達が
すごいオタで。あとこの間、関ジャニに行きました。お正月に。すごくよかったです。


駒井千佳子
やっぱり、上手いですよね!

ひうらさとる
テレビのイメージよりもカッコいいです。シュッとしてました!

駒井千佳子
テレビは演出している部分が大きいですしね。歌っているときはカッコいいです。

ひうらさとる
カッコいいカッコいい。なんか、テレビでは面白い衣装しか見たことがなかったので、
着なければカッコいいんだって思って(笑)。スーツ着てる姿、素敵でした。
やっぱり生は全然違いますね!


オタクの幸せis……?

――オタクになってよかったことってありますか?

駒井千佳子
綺麗なものを見るって、幸せなことなんだなってことくらいかな。
でも、「SHOCK」にかけたお金とか、絶対に計算したくないってくらい(苦笑)。
その対価に、目の保養と心の栄養を…!


ひうらさとる
やっぱ、コンサートの後って、肌のつやが違いますよね(笑)。彼らが私のことを
知らないのがいいなと思ってます。自分がちょっと離れていようが、
ハマっていようが関係なく輝いているじゃないですか。それがいいなと思って。


駒井千佳子
わかります。だから、私はプライベートでタレントさんと仲良くなりたいとは
思わないんですよ。好きでいたいから。


ひうらさとる
ほんとのことは知らなくていいですよね。

駒井千佳子
キャーキャー言いたいから、距離はやっぱり保っておくというか。

オタクっておもしろい!

――「ホタルノヒカリSP」の好きなシーンはありますか?

駒井千佳子
私、お姑さんと仲直りするシーンが好き。「狭い世界なのよね」って共感しました。

ひうらさとる
ありがとうございます。

――オタ同士、世代は関係ないですか?

駒井千佳子 ひうらさとる
関係ない!

駒井千佳子
自分が上だからそう思うのかもしれないけど(笑)。関係ないといいなと思う。
一緒に盛り上がれるところがいいですよね。


ホタルノヒカリSP

『ホタルノヒカリSP』5巻より

ひうらさとる
あるとき駒井さんを私たちのオタ会に誘ったんですが、お仕事で福岡に
いらっしゃると…。じゃあダメかなって思ったところ、
「必ず行くからそこで待ってろよ」って送ってきてくれて(笑)。
「アンダルシアに憧れて」っていう歌の歌詞なのですが、みんなでシビれる~って(笑)。
最高です!


――オタクの方々って、言葉遊びがお好きですよね。

駒井千佳子
KinKi Kidsを目撃した子が、「光一さんの美しさはルーヴル博物館に展示レベル」
って言ってたり。あとはね…「山田涼介はダイヤモンドと人間のハーフ」とか。


ひうらさとる
最高(笑)! オタクって頭の回転早いですよね。ブログとかめっちゃ面白いですもんね。

駒井千佳子
面白いですよね! 言葉の使い方とか、リズムとかセンスあります。

嫉妬したり、心配したり…

――お仕事でアイドルに会うと、ファンの方から嫉妬されたりもするのですか?

駒井千佳子
「ずるい」って言われたりしますよ。でも今は以前より受け入れてもらえてる…
気がするんですけどね。もちろん、変わらず私を嫌いな人はいるでしょうけど。
表に出る人間て、100パーセント好かれるのは無理だから。


ひうらさとる
うんうん。そういうのは割り切れるものですか?

駒井千佳子
わりと強くなります。アイドル自身の人気が絶頂の時は、そばにいる人に対して
反発も強くなる。「なんでこんなババアにヤキモチ焼くんだろ」と自分では
思ったりするんですけどね。いろいろな人がいますから、しょうがないですよ。
KAT-TUNのファンの人たちに受け入れてもらえたから、今はそれでいいかな。
タレント・アイドルの結婚も同じで、顔が見えなければファンはまだ受け入れ
やすいかもしれません。画面では見えないですもんね。恋愛をすることはいいこと
ですから。色気がでてくるし…。


――例えば、自分の推しの彼女が…15歳年下のグラビアアイドルとかだったら許せますか?

駒井千佳子
それはちょっと……。

ひうらさとる
ダメかな(笑)。

駒井千佳子
前後5歳までが許容範囲。そして、相手は綺麗な子でいてほしい。

ひうらさとる
お相手は有名な方でもいいと思っていますか?

駒井千佳子
私は、逆に有名な人のがいいと思いますよ。そうでないと出会いにくいですし。
アイドルやタレントが自分の身を守るためには、すごく有名な人と
付き合わなくちゃダメ
です。そうすれば相手もリスクを負うわけだから、変なことには
なりません。芸能リポーターとしての立場からそう思います。


ひうらさとる
なるほど…。

みんな違って、みんないい

ひうらさとる
私は初めてがKAT-TUNのコンサートだったので、NEWSのを見たら優しいって思った(笑)。
誰も殺さない…!みたいな(笑)。


駒井千佳子
KAT-TUNは「声ださねぇと命はねぇからな」って雰囲気ですよね~。
ところが、NEWSのコンサート行くと、「みんな元気ー?♥」みたいな(笑)。
NEWSはNEWSのよさがありますね。


ひうらさとる
いいですよね。

駒井千佳子
歌もいいし。

ひうらさとる
可愛いし。

駒井千佳子
白なの。イメージが。

ひうらさとる
確かに。白とか薄いピンクとか。

駒井千佳子
それで、KAT-TUNは黒なの。KAT-TUNのコンサートにいくとね、ファンもだいたい
黒っぽいのを着ていますね。


ひうらさとる
NEWSは結構、女の子っぽい感じ? ふわふわしてる。

駒井千佳子
花ついていたりとかね。花冠とか。

――当然のようですが、ファンのカラーも違うっていうのは面白いです。

ひうらさとる
関ジャニはラフな感じ。

駒井千佳子
あ、わかる! カジュアルで、おしゃれな感じの人もいたり。メンバーカラーを
身につけてる子も多いし。


ひうらさとる
KAT-TUNとは全然違いますよね。

――逆に、服装から誰のファンか予想はつきますか?

駒井千佳子 ひうらさとる
あー。

駒井千佳子
だいたいわかる。

ひうらさとる
できそうな気がする。

――おもしろい! 「ジャニオタ当てクイズ」できますね。

駒井千佳子
KAT-TUNオタは、どんな年齢だろうとギャルっぽい (笑)。黒だけど地味な黒じゃなくて、
派手な黒。光物! 冬だったら革!


アイドル=予測不能なアミューズメントパーク

――最後にあなたにとってズバリ、アイドルとはなんですか?

駒井千佳子
テーマパーク的な…? なんだろうな。生きる糧にはなってるな。

ひうらさとる
なんですかね。ほんとアミューズメントパークですよね。

駒井千佳子
そうですね。KAT-TUNは、アミューズメントパークの中のジェットコースターみたいな

ひうらさとる
クオリティが素晴らしすぎるジェットコースター!

駒井千佳子
コンサートそのものもそうだけど、水も降ってくるし火もあがるしっていうね。
熱かったり寒かったり(笑)。上がったり下がったり(笑)。


ひうらさとる
彼らも生きている人間なので、予想がつかないですよね。

駒井千佳子
そうですね。ほんと予測不能。

ひうらさとる
ここまでてんこ盛りなのはKAT-TUNだけじゃないですか?

駒井千佳子
ほんとそう思いますよ。絶叫マシーンだわ!

ひうらさとる
絶叫マシーン(笑)。本人たちも大変でしょうけど、叫びたいのはこっちだよ! みたいな(笑)。

駒井千佳子
激動の10年でしたね。

ひうらさとる
ほんとに、激動にもほどがある。

駒井千佳子
ここまで激動の姿を見せてくれるアイドルは今までいなかった。
私たちにその気持ちを味わわせてくれた。ほかのグループのファンには
こんな気持ちわからないでしょ、っていう優越感もあったりします(笑)。


――ありがとうございました!

駒井千佳子
今日はありがとうございました。お疲れのところ…。

ひうらさとる
全然! むしろ、目がらんらんと輝いてきました(笑)。

ホタルノヒカリSP

『ホタルノヒカリSP』6巻より


『ホタルノヒカリSP』全6巻

ホタルノヒカリSP

『ホタルノヒカリSP』作品紹介ページ 無料お試し読みもあります

『ホタルノヒカリSP』既刊一覧

『ホタルノヒカリSP』購入する