オトナ女子マンガ部! ―あのマンガについてもっと話そう―
第1回 心地よく揺れる リアルと優しさのシーソー
小沢真理作品について話そう! の巻
Kiss LIVE!

「オトナ女子マンガ部!」とは……
1992年に創刊した「Kiss」。
23年の年月の中でいろんなマンガが連載されてきました。
とかく、マンガ業界はいろんなマンガが毎日次々と発売されるので、
現在進行形で連載している作品が注目を浴びがちです。
もちろん、マンガで今を感じて、次の号が出るのを待ちわびるのも最上の楽しみ。
でも、すでに連載を終了した作品にも、いろんなこと感じさせてくれる名作
たっぷりだと思うのです…。

ということで、編集部員・スケ(在籍9年)ツチ(在籍1年)が、
Kissの歴代の作品についてあーだこーだと語り合い、
僭越ながら皆さんのマンガライフの広がりの一端を担えれば!ということで
「オトナ女子マンガ部!」を結成いたしました。
ちなみに2人は講談社伝統の指導社員&新入社員の関係性であります。
Kissの書庫で、23年間の間に作られたマンガに囲まれながらのマンガトーク。
しばしお付き合いいただければ幸いです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

スケ
ということでツチさん、『オトナ女子マンガ部』、よろしくお願いいたします。

ツチ
いいですね、“部”っていう響き。

スケ
…社会人1年目にして、もう、そのようなかんじですか!
ひたすら部活で盛り上がるマンガを青春時代から読みまくってきたけれど、
自分にはそんな出来事はなかった人が、オトナになっても「部活」というワードに憧れ続ける…、
その気持ちはよくわかりますけども。


ツチ
まさに、それです。という発言から私の学生時代を慮っていただければ…。

スケ
…わかりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

スケ
さて、今回は、『銀のスプーン』を現在Kissで連載中、2015年6月には高杉真宙さん主演で昼ドラにもなった、小沢真理さんの作品について語りたいと思います。

ツチ
はい! 今、スケさんと私が担当させていただいている先生でもあります!

スケ
私が、はじめて読んだ小沢さんの作品は『世界でいちばん優しい音楽』でした。
ではツチさん、みなさんにストーリーをご紹介してみてください。


ツチ
いきなり難しい課題が……!
シングルマザー・スウとその娘・のんのん。2人の生活と、とりまく人たちのストーリーですよね。いろんな人が主人公になってお話が重なっていくスタイルは『銀のスプーン』に通じるところがあるなあ、と感じていました。


スケ
うんうん、まとめ方も、目のつけどころもよい! やりおるね!
高校生で両親を失った高原菫子ことスウは、孤独の中で皓という男性と出会います。運命的な恋をして、2人の間に子供ができて、ようやく幸せな家庭がスウに…と思った時に彼を不慮の事故で失ってしまうんです。悲しみを抱えつつも、スウはシングルマザーとして娘・のんのんと暮らしていくという話なんですが、このスウとのんのんの生活がもう、本当に愛に溢れていて素敵。


ツチ
“ぎゅう”のシーン、本当にいいですよね。
スウが母親としてのんのんの成長を見守っている姿は、私の理想の母親像です。


世界でいちばん優しい音楽
世界でいちばん優しい音楽
世界でいちばん優しい音楽
見ているこっちが幸せになる“ぎゅう”シーン!

スケ
ちろん、息子を亡くした皓の両親との間にわだかまりがあったり、どんなに想っても亡くなった人は戻ってこないと実感したり、しんどい部分も描かれているんだけど、スウはきちんと前を向いて生きていて、母として、そして、人としての強さがある。

ツチ
のんのんの子供らしい発想や発言もすごくかわいくて心癒されますよねー。

スケ
水族館で深海魚を見て「おひさまのひかりがなくて さみしいから じぶんでひかるのかな?」っていったり、幼稚園での恋バナをスウにふられて照れてなぜか「トホ―にくれちゃうよ」って大人みたいにいったり、本当にかわいい。

ツチ
会ったことないパパに、“ぎゅうして”って手を伸ばすところは、その子供らしい無垢な願いに泣いちゃいます…。

世界でいちばん優しい音楽
世界でいちばん優しい音楽
世界でいちばん優しい音楽
子供の発言かわいいし、なんかはっとさせられますよね。

スケ
そんな2人の親子を見守るまわりの人の変化のすべてがじんわり心に染み入る温かさ。皓の家で家政婦をやっていたシズさんという女性がスウのお母さんのような立場になって2人の生活に寄り添ってくれたり…

ツチ
スウの新しい恋もある意味、運命でいいですよねー。


スケ
『世界でいちばん優しい音楽』は、はじめ、読み切り作品で、そこから連載に発展したので、読み切りの内容と、連載で進んでいったストーリーとで辻褄があわなくなっていって小沢さんも当時、相当悩んだらしいんです。

ツチ
そうだったんですか!? でも、最終巻の番外編でそれが解決していて、しかも、“本当によかったね”といえるまとめで…うぅ、みなさんに読んでほしい!

スケ
そのほかにも、別のシングルマザーの親子関係の話、育児ノイローゼになってしまった家庭の話とかも繰り広げられそれぞれの問題の根幹に触れながらも、優しさがすべての解決の道だと示してくれていて、本当に子育て中のパパ&ママの心を優しくしてくれる1冊だと思います。私も子供にムカついたら、穏やかさを取り戻すべくすぐ読み返してます(笑)。

世界でいちばん優しい音楽 世界でいちばん優しい音楽
いろんな事情がある…。それを乗り越えていく親子の姿が心にしみます。

ツチ
『世界でいちばん優しい音楽』もそうなんですが、私は小沢さんのモノローグがすごく素敵だなと読んでいていつも思います。少女マンガって大島弓子さん、萩尾望都さん、山岸凉子さんなどの少女マンガの表現に革新を起こした24年組の方たちから脈々と受け継がれるモノローグ文化があるじゃないですか。小沢さんは、その継承者だなと感じます。

スケ
ちなみにどの小沢作品の中でどのモノローグが好き?

ツチ
『銀のスプーン』で、律と夕子の恋がこれから実る予感たっぷり、でも、まだその瞬間に至る直前のモノローグ

 “ずっと憧れていた大好きな人が
 今 校庭を横切って
 わたしに向かって 手を振っている
 それは暑い日で 校門までの坂道に かげろうがゆれていた
 わたしは多分 一生 忘れないと思った
 遠くに見える 美術館の 曲線を
 空と同じくらい青い 彼のシャツを
 ゆっくりと姿をかえながら流れていく 夏雲の白さを
 逆光の彼の 金色のシルエットを”


ってのが一番好きです!! 初めて読んだ時には、ほろほろと涙がこぼれ落ちました。

スケ
うん、憧れの彼がわたしのために走ってきているっていう光景、素敵すぎる!!!
モノローグの一つ一つの言葉がそのきらめきを映している気がしますね。


銀のスプーン
銀のスプーン

ツチ
あと、モノローグの話からずれますが、『銀のスプーン』のルカがスプーンを落として律と出会うシーン、あれは私の中のマンガ神シーンフォルダに入っています。

スケ
あのシーン、わたしもネームで見たときに泣いた。打ち合わせのときに、“ルカと律が出会う回にしましょう”と話していて、ネームになったときに、2人の間にスプーンがあった…。

ツチ
素晴らしい神回ですよ!! 神回!!!
みなさん読んでください!!! 6巻の35話目!


スケ
一生食べるものに困りませんように…と子供の幸福を祈るという意味のある“銀のスプーン”でごはんじゃなくてアイスでおなかを満たしているルカ…。モチーフがうまく話と重なり合うシーンって、マンガ読んでいてぐっとくる瞬間だよね。

銀のスプーン
銀のスプーン

ツチ
『銀のスプーン』といえば、食事のシーンも素敵ですよね~。
どうしてご飯を大きく取り上げることにしたんですか?


スケ
はじめは「当たり前の幸せをかみしめる」っていうコンセプトで、食事と家族を意味として繋げていくような印象で小沢さんとも話していたんです。でも、ルカやルカママが出てきてからは、家族がそばにいる、いないにかかわらず、好き嫌いにかかわらず、どうしても自分の人生に関わってくるものだから、そこに生きるために毎日どうしてもなにかを食べるという共通項が、さらに生まれたと思ってます。じゃあ、どんな家族でありたいのか、どんな食事であるほうがいいのか、っていうのを追い求めているというか。

銀のスプーン
ワーワー言いながらも、同じ食卓を囲む、それが家族ですよね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ツチ
もうひとつ、小沢さんのマンガを読んでいて思うのは、キャラクターのリアリティのすごさです。

スケ
『銀のスプーン』の調や奏は中学生なんだけど、調がワンオク好きだったり、奏がクリスマスプレゼントにセクシーゾーンのDVD欲しがったり、言っていること、やっていることがすっごく今時の中学生。

ツチ
なかなか、オトナが中学生を描くって難しいことですよね。

スケ
もちろん、人間の感情って、時代や年齢に関係なく普遍的な部分ってあると思うんだけど、なにをその年代ではじめて知るのかとか、その年代で口から自然に出る単語とはなにか、とかはそれぞれのジェネレーションがあると思うんですよ。

ツチ
作者が自分と近いジェネレーションの主人公を描くマンガを作るときは、素直に今の自分を反映すればいいけれど、家族マンガを作る時って、家族それぞれのジェネレーションにリアリティが必要ですもんね。

スケ
そうなのよ!小沢さんって、原稿終わったら映画観に行ったり、一緒にアイドル話で盛り上がってくださったり、自然と「今」を吸収している方だと担当させてもらっていて思うんですよね。新しいバンドとかすっかり疎くなっているのが私のほうで、小沢さんに教えてもらってるし…(笑)

ツチ
わたしが好きなスーパージュニアの話も前のめりで聞いてくれましたね…。私が好きな人、誰が聞いてくださったあと、しっかりメモに“ヒチョル”って書いてた…。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ツチ
だから、若い男子のわちゃわちゃも本当にリアリティがあってかわいい!

スケ
『銀のスプーン』の律&優&若月の3人もいいけど、わたしは前作の『苺田さんの話』の衣温&ティラノ先輩&ヨンの3人もかわいいな、と思ってました!
はい、ツチさん。『苺田さんの話』を皆さんに分かりやすく説明してみてください!


苺田さんの話

ツチ
またまたプレッシャーが……。『苺田さんの話』はデザイナー志望のちょっぴり天然ボケの男の子・衣温とおしゃべりする人形・苺田さんの毎日を描いた作品です。かわいいのは姿だけで中身は地球に迷い込んだ宇宙人の苺田さんとか、ヨンの意外な関係とか、少し不思議だけれど、小沢さんの作品らしく、読んでいてとっても優しい気持ちになれます! ……伝わったでしょうか?

スケ
そうですね! そして、律よりちょっと少年っぽくて、より天然な衣温くんが、苺田さんにファンシーな部屋やお洋服をつくってあげるのが、萌え…る…。心寄り添い系男子…。癒されたいオトナ女子にも強くおすすめです!

ツチ
衣温くんがつくる小物が本当にかわいいですけど、打ち合わせで小沢さんのお宅に伺うと、なんかその雰囲気がおうち全体に広がってて、わぁー小沢ワールド!って思いました。壁にお皿が飾ってあったり、階段にちょこっと本棚が隠れていて洋書が入っていたり、素敵なおうちで。

スケ
ちなみに、衣温くんが作っている苺田さんの部屋、小沢さんが実際につくってましたよ、当時。やっぱり漫画家さんは器用でいらっしゃるなーと。あと、服を作るシーンの参考にするために“久々にお人形さんの服をおもちゃ屋さんで買ったよ”とおっしゃってもいました。

ツチ
ここにもリアリティが!

苺田さんの話
苺田さんの話

スケ
さて、今日も男子3人のワチャワチャトーク読み返したら、また働きますか!

ツチ
…はい、わたし…がんばれる!

スケ
そう!それがマンガの力じゃー!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『銀のスプーン』はKiss(毎月25発売)で大好評連載中です!


『銀のスプーン』作品紹介ページ 無料お試し読みもあります☆

『銀のスプーン』既刊一覧

『銀のスプーン』購入する

『世界でいちばん優しい音楽』購入する

『苺田さんの話』購入する